沖縄でリフォーム・外壁塗装・防水・修繕なら

安心の自社施工 / 万全のサポート / 丁寧な対応

沖縄県内のリフォームのご相談はこちら 0120-465-840

外壁のひび割れ、放置していませんか?

外壁の修繕・改修

外壁のひび割れを放置しておくと傷みはどんどん進行していき、建物の寿命を縮めてしまいます。

人間の病気と一緒で早期発見・早期治療をおすすめします。

なぜひび割れがおきるの?

ひび割れには、3つの原因があります。

ひとつはコンクリートが乾燥するときにおきる「初期乾燥ひび割れ」。
これはコンクリート打設の時、急激な乾燥によって表面にひび割れが発生するケースです。
次に「構造クラック」といってコンクリートの膨張・収縮によるひび割れです。
力の集中しやすい窓枠の周りや、梁上の軒裏などに発生します。
そしてもうひとつが「爆裂」という鉄筋が錆びて、膨張して起きるものです。
これは、コンクリートの「中性化」や「塩害」が大きな原因になります。

外壁の修繕・改修

ひび割れをそのままにしておくとどうなるの?

ひび割れを放置しておくと、雨水の侵入や塩害、排気ガス(炭素ガス)の影響を受けて漏水や建物全体の強度の低下、耐久性の低下また、コンクリート片の剥落など建物の寿命を縮めてしまいます。

大切な財産を守るため、放置せずに早めにご相談ください。

外壁の修繕・改修

■before

外壁の修繕・改修before

■after

外壁の修繕・改修after

沖縄県内の住まいの
ご相談はこちら

0120-465-840

メールでの
お問い合せ