web counter

沖縄でリフォーム・外壁塗装・防水・修繕なら

安心の自社施工 / 万全のサポート / 丁寧な対応

沖縄県内のリフォームのご相談はこちら 0120-465-840

お知らせ

2017.6.9 チョーキング現象について

劣化現象の原因


 塗膜は樹脂や顔料等により構成されており、塗膜の耐候性(耐用年数)を決定しているのは基本的に樹脂の性能となります。

 チョーキング現象は、主に紫外線の影響により樹脂が破壊され、顔料を繋ぎとめる力を失うことで、塗膜表面に顔料や劣化樹脂などの粉化物を析出する現象です。

チョーキングは塗膜のごく表面で起きる現象で、美観を低下させます。塗替えの際にはチョーキング部分を高圧洗浄等で落としてから再塗装します。

上記のような症状が見られたら早めの塗装が必要です

チョーキング現象が発生するまでの期間
樹脂名 発現年数(目安)
アクリル樹脂塗料 約2~3年
ウレタン樹脂塗料 約3~6年
シリコン樹脂塗料 約6~8年
フッ素樹脂塗料 約8~12年

上記の発現年数はあくまで目安です、施工環境、施工方法、立地等により異なります顔料の種類によって耐久性も異なります。

沖縄でリフォームをご検討の方へ 株式会社喜神サービス !
当社はここまでキレイにする自信がある!是非お任せ下さい!無料見積・無料相談!☎フリー ダイヤル 0120-465-840